ブタ野郎は荒野をめざす

バーティカル一直線 

着々と準備中

4月28日(木)

今朝は5:45起床。

6:00過ぎに次男坊を叩き起こし、駅まで送る。

我家の朝の恒例ミッション。

7:00前に久しぶりの出勤ランニングへ。

10kmのペースランニング。

f:id:rockgack:20220428124143j:image

4:15-4:20/kmくらいで走ってみた。

これくらいのペースが走ってて楽しいし、トレーニング効果も見込める。

 

さて、自分の自転車生活の第3章に向けて準備を進めている。

第1章はKonaのシクロクロスバイク(Jake The Snake)から始まった。

最初は20-30kmのサイクリングが冒険だった。

50km、60kmと走行距離を伸ばし、初めて100km以上を走ったのが、これまた初めて参加したサイクリングイベントであるツールド国東だった。

110kmくらいだと思うが、後半めちゃくちゃキツくて大変だったが、ゴールした時の満足感はハンパなかった。

100km超えたら、お次はセンチュリーでしょってコトで、翌年のツールド国東の160kmにチャレンジ。

ガンガン乗ってたので、思いのほか楽に完走できたが、これでサイクリストの端くれになれたなぁと感慨深かった。

Cinelliのアリアンテっていうカーボンバックのアルミフレームのロードバイクを乗り始めた頃。

第2章はレースだ。

ヒルクライムからハマっていった。

40歳代は層が厚くなかなか表彰台には登れなかった。

ヒルクライムでの1番の思い出は、なんといっても乗鞍だ。

本当に楽しくエキサイティングな時間だった。

ヒルクライムから徐々にロードレースに興味が移り、草レースにいろいろと参加した。

ロードレースでの1番の思い出は、ツールド宮古島だ。

とにかく走りまくって、地脚を作って挑んだ。

無謀にも残り10kmで飛び出したのも、今となっては良い思い出だ。

この宮古島で、自転車競技へのパッションは全て燃やし尽くした。

レース中の怒声とか、自転車レース特有のしきたり、お作法が超絶嫌いだったってのもあって、徐々にランニングへと傾倒していき、現在に至る。

では、自転車生活第3章とはなんぞ?

ズバリ、自由と冒険!

フリーダム&アドベンチャーだ!

たとえば、自転車で登山口まで登って、そこからスピードハイクやトレイルランニングへ。

林道を繋いで、自転車で山頂を目指す。

パッキングして、テン泊サイクリングへ。

真夏の黒焦げセンチュリーライドなどなど。

冬の雪中ライドも!

考え出すとワクワク、ちむどんどんしてしまう。

先日届いたブツ

f:id:rockgack:20220428142733j:image

Sea To Summitのマットとピロー

翌日も元気に遊ぶためには良質な睡眠が不可欠。

なるべく嵩張らないモノがイイのだが、マットだけはちょっと大きくても寝やすいモノをチョイス。

価格とのバランスも良いキャンププラスSIというマットにした。

実物を見るとちょっと引く大きさだが、フロントフォークに固定すれば問題なし。

ピローは小さく収納出来て寝心地もOK。

肝腎の自転車がまだだが、冒険自転車にふさわしい自転車を納車予定である。

あー、ちむどんどんするさー(連ドラ風)

普段はランニングで身体を鍛え、週末は自転車で冒険に出かけよう。