ブタ野郎は荒野をめざす

バーティカル一直線 

シューズ問題

2月3日(水)

ピークランニングでいろんな山を走るようになって考えていること。

シューズ問題だ。

ロードランニングでは27.5cmのシューズでソールは厚くても薄くても気にならない。

Nike、Hoka、Onなどのメーカーの差もあまり感じない。

ロードの場合、自分の走力だと、なんとなくサイズが合ってれば問題ないのだろう。

トレイルランニング用のシューズは、主にモントレイルを使用し、サイズも27.5cmで統一していたが、最近、駆け上がりや駆け下りでシューズの中で足が暴れて不安定さを感じるのだ。

f:id:rockgack:20210204112524j:image

モントレイル FKT fluidflex

2年間履き続けた大好きなシューズだが。

先日の雁股山で投入したモントレイルのトランスアルプス(2世代くらい前のモデルで温存していた)は、ちょっとモッサリした感じで、シューズの中で足が暴れる感覚もあった。

また、ホカのトレランシューズは秋吉台のような走れるトレイルだと、アウトソールのクッションがちょうどいいんだけれど、ガレ場や急勾配の登り下りだと不安定要素となる。

サイズを落とすと、下りで爪がヤられる。

結論…

タイトフィットして、地面の変化をダイレクトに感じ取れて、軽くて丈夫なシューズ!

いろいろリサーチしてみよう。

明日もボチボチ頑張ろう。