ブタ野郎は荒野をめざす

バーティカル一直線 

高杉晋作の「狂」

11月25日(水)

今朝も二日酔い知らずの心地よい目覚め。

体重は増えてるのに、身体は軽く感じる不思議な現象。

慌てず今のトレーニングを続けていけば、徐々に体重、体脂肪率は落ちてくるだろう。

慌てず焦らず。

さて、読書…

f:id:rockgack:20201125110827j:image

司馬遼太郎 世に棲む日日(ニ)

小説の中盤、安政6年(1859年)10月27日に吉田松蔭が死罪となり、いよいよ高杉晋作の物語へ突入していく。

自分的には、松蔭は純粋過ぎる思想家であり、なんかすごいんだけど真面目すぎて友達になれないタイプ。

高杉晋作は、お坊ちゃん育ちだが、短絡的、行動的、ユーモアもあり面白みのある人間像のよう。

しかも、女好きってところが好感が持てる(笑)

これから、松蔭から受け継いだ「狂」を、高杉が体現していく様を読むのが楽しみだ。

 

昼休みにランニング

f:id:rockgack:20201125153506j:image

午後からの仕事もあり、8kmを適当に走って終了。

仕事を終えてから公園にて周回ランニング。

f:id:rockgack:20201125201109j:image

9kmのジョグ

今週も折り返し。

今を、そして明日も頑張ろう!