ブタ野郎は荒野をめざす

バーティカル一直線 

笠戸島トレイルランニング

4月18日(土)

転勤や新型コロナウイルス対策などで、なにかとバタバタの年度末であった。

今は落ち着いたかと言うと、新しい職場の雰囲気には大分慣れてきたが、ウイルス対策はまだまだこれからが本番だ。

 

さて、3月末頃に休暇を頂き、ソロでトレイルランニング、キャンプに行った。

目的地は山口県下松市の笠戸島

公共交通機関は利用せず、高速道路をひた走る。

もちろん、SAにも立ち寄らずノンストップで笠戸島へ。

キャンプ場の駐車場で着替えて、笠戸島トレランのショートコースをトレース。

今回の目標は、登りはランの姿勢を貫く!だ。

いつもは疲れてくるとスピードハイクの姿勢をとるが、距離も短いので、そこだけは頑張る。

あとは、適当に写真を撮りながら、風景を楽しみつつのファンラン。

f:id:rockgack:20200420144712j:image

まず、キャンプ場からビーチまで下る。

ここからゆっくりと標高を上げていく。

f:id:rockgack:20200420144827j:image

恐竜の歩道橋
f:id:rockgack:20200420144823j:image

歩道橋の出口は恐竜の口の中

ここを過ぎればトレイル区間だ。

f:id:rockgack:20200420144948j:image

海とトレイルと菜の花

f:id:rockgack:20200420145031j:image

いつのまにか最初のピーク

少し下ってスカイ2号へ

f:id:rockgack:20200420145133j:image

下ると反対側のビーチへ

海沿いのじんわり標高アップのトレイル

f:id:rockgack:20200420145324j:image

先程のビーチが眼下に広がる
f:id:rockgack:20200420145327j:image

海沿いの菜の花トレイル…最高!

いったん集落に出て、そこからスカイ1号のピークへ。

割と勾配キツめだが、ランニングの姿勢を気合いで貫く。

f:id:rockgack:20200420145538j:image

キャンプ場へゴール

f:id:rockgack:20200420151004j:image

受け付けをすませ設営開始。

f:id:rockgack:20200420145639j:image

MSRエリクサー2 

f:id:rockgack:20200420145722j:image

眼下に瀬戸内海が広がる

テントは自分ひとりなので、ソーシャルディスタンスを気にする必要もない。

f:id:rockgack:20200420150035j:image

笠戸島青空Barの開店

瀬戸内海を行き来する船を見ながら、ぼーっとする。
f:id:rockgack:20200420150026j:image

陽が暮れそうなので焚火も開始
f:id:rockgack:20200420150030j:image

夕陽を眺めつつビールをグビリ

節約&感染防御の観点から、近くの温泉施設は諦め、場内の3分100円シャワー。

3分でサクッと洗い上げ、そのまま就寝。

f:id:rockgack:20200420150438j:image

翌朝早朝から9ヶ月ぶりの自転車

島と下松市を30km程度走った。
f:id:rockgack:20200420150443j:image

朝食を摂って撤収開始

10時には笠戸島を後にした。

まさにトレイル天国というべき笠戸島であった。