ブタ野郎は荒野をめざす

バーティカル一直線 

瀬戸内アイランドトレイル

3月24日(日)

5:30AMに民宿の部屋にて起床。

ノンアルだと目覚まし要らずだ。

シャワーでも浴びようと風呂場へ向かったが、シャンプーが泡立ったところでお湯が出なくなり行水となる。

おかげで完全にメガシャキ状態(笑)

6:30から朝食。

さすが民宿! ごはんが最高に美味しい!

7:00過ぎに民宿を後にして会場へ。

f:id:rockgack:20190325140542j:image

天気は最高

受付では、必携装備(ザック、エマージェンシーシート、ホイッスルの3点)のチェックもあり。

ロングコース25㎞は8:30と8:45の2グループに分かれてスタート。

ショートコースのスタートは30分後の9:15だ。

司会者のカウントダウン後に、いよいよスタート!

 

本日の作戦

f:id:rockgack:20190325160041j:plain

ショートコース15㎞

まず登り口までのフラットロードはトップ集団に付いていく。

登り口に入ったら、ピークまで距離は短いのでとにかく押し切る、プッシュ!プッシュ!プッシュ!

急な階段が続き、途中からトレイルっぽい登りへ変わる感じ。

f:id:rockgack:20190404143527j:image

序盤のロードで少し離されたトップ集団の数名をここで抜く。

脚が合う選手(トレラン熟練者)と2人でとにかくペースで登る。

ピークは4-5番くらいで通過し、ここから下り区間

トレラン熟練者は下りが速い。

この選手に必死に付いていきつつ、足運びや身体使いなどの学習も忘れずに(笑)
急な下りを終えたところで5㎞地点。

ここからは舗装路の林道緩斜面を登っていく。

後方から1人追いつき、3人でせっせと走る。

7.5㎞くらいで下りへ突入。

ここからはロードに強い選手の独壇場だ。

ある選手は馬のように駆けて降っていく。

あのスピードで下れば、自分は必ずこけちゃうな(笑)

ここで4人くらいに抜かれてしまったが、これはもうどうしようもないのだ。

淡々と安全に下ってゴールのある会場へ。

f:id:rockgack:20190404143605j:image

と、ここでボーナス的トレイルコースの追加あり。

大体2㎞ちょいだが、下りで衝撃を受けた50歳の体には堪えるのであった。

最後と思い、緩めず頑張って走りぬいてゴール!

f:id:rockgack:20190404143647j:image

距離は短いがとにかく追い込んで走った!
f:id:rockgack:20190325140536j:image

なんとかシングルフィニッシュ 9位/236人

ゴール後に一緒に走った選手と握手! ありがとうございました!


f:id:rockgack:20190325140557j:image

年代別優勝のおまけ付き!


f:id:rockgack:20190325140553j:image

シューズはモントレイルのFluidflex FKTⅡ

こいつは最高だった!

グリップも良好で、トレイルもロードも気持ちよく走れた。

自分のレベルのへなちょこトレランだったら、こいつ一筋でいい気がする。

f:id:rockgack:20190325162025j:image

会場ブースで出店中のカフェ特製レモンラーメンをペロリ。

疲れた身体に染み渡る美味しさ。

 

上蒲刈島の綺麗な風景

f:id:rockgack:20190325162244j:image

臨時駐車場近くの入江
f:id:rockgack:20190325162248j:image

釣り糸を垂れたらなんか釣れそう
f:id:rockgack:20190325162252j:image

天気も最高だった

 

表彰式の後、会場を後にして帰宅。

明日は動けない気がする(笑)

明後日くらいから、ぼちぼち頑張ろう。